グーグルアドセンス

アドセンス狩り対策のやり方 不正クリック報告と広告コード盗用防止策

2017/03/30

恐竜と兵隊のフィギュア

ブログにアドセンス広告を張り、運営をしていると、「アドセンス狩り」に遭う可能性があります。

「アドセンス狩り」とは、ブログ訪問者がいたずら目的で広告を何度も不正なクリックをしたり、アドセンスの広告コードを盗み取って規約違反とされているアダルトサイトや反社会的なサイト等に張り付けることです。

これをされると、グーグルからアドセンスアカウントが停止され、それまで溜まっていた報酬も取り消されてしまいます。

ですのでアドセンス狩り対策は必ずしましょう。

不正クリックの対処法

いたずら訪問者からの不正クリックを前もって防ぐことはできませんので、不正クリックをされた時の対処法です。

まず、不正クリックをされたかどうかを見るには、グーグルアドセンスにログインをして、掲載結果の「ページCTR」をチェックします。

グーグルアドセンス管理画面の見方「パフォーマンス レポート」

Google AdSense掲載結果

 

CTRとはクリック率です。

通常は大体平均1%前後と言われており、これが5%や10%と高い数値を記録した場合、「アドセンス狩り」の疑いがあります。

 

それを発見した時は、グーグルへ報告します。

無効なクリックの連絡フォーム

 

以下の画面にアクセス出来ると思います。各項目を入力して下さい。

無効なクリックの連絡フォーム

 

サイト運営者IDは、グーグルアドセンスにログインし、「設定」「アカウント」「アカウント情報」へと進んでください。赤枠の部分に表示されているものがサイト運営者IDです。

Google AdSenseアカウント情報

 

広告コードが表示されている URL:不正クリックをされたブログのURLを入力

トピック:「アカウントで発生する通常とは異なる動作をレポートする」を選択

クリックが発生した日時:CTRが異常だった日時を入力

無効なクリックの疑いがあることを示す該当部分:1000文字以内でCTRが通常と比べ異常な数値であることなど、疑う部分を入力して下さい。可能であれば、疑いのある画面のキャプチャ画像をアップロードし、そのURLを載せておくとよりいいみたいです。

不正な操作の原因と考えられる疑わしい IP アドレス、参照 URL、リクエストに関して、お客様のウェブサイト、モバイルアプリ、YouTube チャンネルのトラフィックログやレポートのデータをご記入ください。:こちらも分かれば入力して下さい。分からなければ空欄でも大丈夫です。

最後に「送信」をクリック。

 

これでグーグルの方で監視をしてくれます。特に重大な問題がなければ、返信はありません。大丈夫だということです。

 

不正クリックの疑いを発見した時は速やかに以上の対処をして下さい。

早期発見早期治療です!

なので、アドセンスの収益のチェックと一緒にCTR等も常日頃チェックをするように心掛けるようにするといいです。

アドセンス広告コード盗み取り対策方法

こちらは未然に防ぐ方法がグーグルから用意されており、指定したブログ以外で広告コードが使用不可にすることができます。

 

グーグルアドセンスにログインし、「設定」「自分のサイト」へと進んでください。

赤枠の点々をクリックし、表示された小窓から「サイトの認証」をクリック。

Google AdSenseサイトの管理

 

赤枠のスイッチを画像のように緑になるようにクリックして下さい。そして「保存」をクリック。

広告コード使用制限

 

次にサイト(ブログ)の登録をします。

 

先程の「自分のサイト」へ戻り、「+」をクリック

サイトを管理

 

赤枠の部分に登録したいブログのURLを入力して、「サイトを追加」をクリック。

新しいサイトを追加

 

確認してみましょう。「自分のサイト」のページのサイト一覧に登録したURLが表示されているはずです。

それをクリックして下さい、赤線の部分のようにスイッチが緑になっていればOKです。

確認済みのサイト

 

以上の設定をすれば不正にあなたの広告コードを使用されることを防ぐことが出来ます。

-グーグルアドセンス