未分類

AdSense Managerが使えなくなった! 解決方法はPHPのバージョン変更

指と電球マーク

グーグルアドセンスのコードを短縮してくれる、便利なプラグイン、「AdSense Manager」が使えない状態が起きていました。

その解決方法が分かったので、お伝えします。

症状

症状としましては、AdSense Managerを開くと、上部に「Warning:........ 」といった忠告メッセージが出ています。

アドセンスマネージャー不具合画面

 

アドセンスの広告コードをコピペして「Import」をクリックすると。以下のような「Fatal error.... 」といったメッセージが出てきて、短縮コードが作れません。

アドセンスマネージャー エラー画面

 

正常であれば以下のような短縮コード作成の画面になるはずなんですが。

アドセンスマネージャー 短縮コード作成正常画面

原因と解決方法

原因と解決方法です。

原因

ここ最近にドメインを取得した場合、PHPのバージョンが最新の「PHP7.0.9」になっていると思います。

原因はAdSense Managerが、この「PHP7.0.9」で使えるようにまだ対応していないということです。

ですので、解決するには、PHPのバージョンを前のバージョンにすればいいのです。

解決方法

PHPのバージョンを変えるには、レンタルしているサーバーから行います。

Xサーバーでのやり方を解説しますので、違うサーバーをお使いの方は、置き換えて行って下さい。

 

Xサーバーにログインし、サーバーパネルのホームページの覧に「PHP Ver.切替」という項目があるのでクリックし、開いて下さい。

Xサーバーパネル ホームページ

 

現在のバージョンが「PHP7.0.9」になっていると思います。

変更後のバージョンから、「PHP5.6.24」を選んで、右にある「PHPバージョン切替(確認)」をクリックして下さい。

XサーバーPHPバージョン切り替え

 

そして、以下のように画面が変われば、バージョン変更完了です。

これでAdSense Managerが使えるようになっているはずです。

PHPバージョン切り替え

最後に

「AdSense Manager」の作者様がいずれ、この問題に対応したアップデートをして下さると思いますが、それまでは、これで対応できます。

便利なプラグインですし、コード短縮はSEO的にも大事なので、アドセンス広告コードは短縮してつかいましょう。

「AdSense Manager」の設定と使い方、アドセンスコードを短縮しよう

-未分類