グーグルアドセンス

グーグルアドセンス管理画面の見方「パフォーマンス レポート」

グラフが表示されたノートパソコン

グーグルアドセンスを始めると、毎日のように見るのが、グーグルアドセンスの管理画面にある「パフォーマンス レポート」ですね。

昨日の収益額はいくらか、今日はどれだけ収益が出ているか。

気になって何度も見ちゃいます。

その時収益額以外は見ていますでしょうか。他の数値には、収益を上げるためのヒントが隠れているので、是非チェックしましょう。

でも「CTR」や「CPC」など、見慣れない、聞きなれない項目が色々あって分からないので、解説します。

アドセンス管理画面の各項目の見方

アドセンス管理画面の「パフォーマンス レポート」を表示させてください。

アドセンス管理画面 サイドメニュー

 

以下のようなレポートが表示されます。まずデフォルトで表示されている7つの項目を説明します。

赤枠の部分で見たいデータの期間を変更できます。1日単位で指定することが出来ます。

アドセンス パフォーマンスレポート

 

見積もり収益額:指定した期間の収益額の合計です。あくまで見積もりなので、最終的に正確に出された収益額と少し違うことがあります。

ページビュー:アドセンス広告が掲載されているページが表示された回数です。

表示回数:広告が表示された回数です。 開かれたページに広告が3つ掲載してあれば、3カウントされます。

クリック数:広告をクリックされた回数です。

ページRPM:ページビュー1000回あたりの平均収益です。「(見積もり収益額÷ページビュー)×1000」で算出されます。

インプレッション収益:表示回数1000回あたりの平均収益です。「(見積もり収益額÷表示回数)×1000」で算出されます。

アクティブビュー視認可能率:広告がユーザーの目に触れた率です。 例えば、記事下に貼った広告は、下までスクロールしないとユーザーの目には触れません。 ですので、ユーザーがスクロールして記事を下まで見なければ、そこに貼ってある広告は見てもらえたとカウントされません。

確認する項目は4つ

「+カスタム」というタブがあります。

そこから、自分が確認したい項目だけを選んで表示させることができます。

その「カスタム」で選べることができる項目は、先程の7つ以外にもあります。

合計すると19個ほどの項目になりますが、普段チェックしたいのは4つだけです。

 

「+カスタム」のタブをクリックすると、「カスタム指標グループ」が表示されます。

アドセンスパフォーマンスレポート カスタム

「クリック数」「ページCTR」「CPC」「見積もり収益額」これら4つにチェックを入れて下さい。

※何故ページビューを入れなかったというと、このページビューはあまり正確ではないみたいで、ページビュー(PV)を見るなら、グーグルアナリティクスのデータを見た方がいい為です。

ネット上でPV数を公表されてたりしていますが、あれは大体はアナリティクスからのデータです。

グーグルアナリティクスの登録と設定方法&オプトアウトアドオンのインストール

 

そして「保存」すれば、次からは、「カスタム」をクリックすると、この4つの項目のデータが表示されます。

アドセンスパフォーマンスレポート カスタム

 

「ページCTR」と「CPC」は最初の7つには無かった項目です。

でも、この2つからアドセンス収益アップの為の改善点ヒントが読み取れます。

 

ページCTR クリック率上げる

ページの表示回数(ページビュー数)に対する、広告のクリック率です。

「クリック数÷ページビュー」で算出されます。

これとは別に「クリック率」という項目がありますが、これは広告の表示回数に対するクリック率です。

この数値からわかることは、ユーザーからクリックされやすい(目に留まりやすい)位置に広告が貼られているかです。

およそ1%前後が平均的な数値です。

この数値が低ければ、広告の貼り位置が悪いと思われますので、位置を変えて改善してみましょう。

逆に余りにも数値が高い場合は、アドセンス狩りの恐れがあります。異様な数値が確認できた時は速やかに対処して下さい、そのままほったらかしにいていると、アドセンスアカウントを停止されてしまう場合があります。

アドセンス狩り対策のやり方 不正クリック報告と広告コード盗用防止策

CPC クリック単価を上げる

「CPC」は1クリックの平均単価です。

「見積もり収益額÷クリック数」で算出されます。

この数値からわかることは、有効なクリックがされているかです。

表示される広告にもよりますが、|¥20~¥30辺りが多いです。

※保険や、ローン関係など、単価が高いものは、CPCはもっと高くなると思います。ブログのテーマがそっち系であれば、保険やローンなどの広告が表示されます。

CPCが高いに越したことはありません。

低い時に改善する必要が出てきます。

1日2日のデータでは分からないので、1ヶ月間のCPCを見て、余りにも低いようであれば、誤クリックが多く発生していると思われます。

誤クリックと思われるものには、スマートプライシングという機能が働き、クリック単価が下げられるようになっています。

それからクリック数を増やそうと、誤クリックを誘導するような掲載方法は規約違反です、グーグルからペナルティを受けてしまいます。

意図してない場合でも、誤クリックされやすい広告の貼り方となっているということなので、改善しないといけません。

記事の文ともう少しスペースを開けたり、画像と間際らしく貼られているなら位置を変えたり、問題をチェックして改善しましょう。

最後に

こういったデータを見ながら試行錯誤し、自分のブログに合ったアドセンス広告の掲載方法を見つけるのも面白いですよね。

でも、やはり怖いのがグーグルからのペナルティです。

もしアカウント停止になってしまったら、それまで稼いでいた収益も没収されてしまいますし、今後アドセンス広告が貼れなくなってしまいます。

自分がちゃんと規約を守っていたとしても、アドセンス狩りに合えば、ペナルティを受けることもあるので、日々のチェックは大事ですね。

早期発見早期対応です。

-グーグルアドセンス