グーグルアドセンス

【グーグルアドセンスアカウントが停止】規約違反事項とは

罰をする女性

グーグルアドセンスに合格し収益化を始めたら、気を付けておきたいのが規約違反をして、アドセンスアカウントを停止されることです

グーグルアドセンスには広告を張ってはいけない禁止コンテンツというものがあります。

その禁止されている内容のコンテンツにアドセンス広告を張ってしまうと、規約違反としてアカウントが停止されてしまいます。

では、どういったコンテンツが禁止されているのか見ていきましょう。

アドセンス規約違反になる禁止コンテンツ

禁止コンテンツはいくつもあり、公式サイトで紹介されているものでも一例です。

ですので、自分で判断をしなくてはいけない部分もあります。

でも判断基準なども紹介されていますので、それを参考に自分のサイトが違反をしてないかを確認しましょう。

アダルトコンテンツ

アダルト、成人向けのコンテンツは違反になります。

  • ヌード・ポルノ(水着姿や露出の多い画像もアウト)
  • フェチ・性的欲求を誘うもの
  • 性的な出会い系サイト
  • アダルトサイトへ外部リンクがされている
  • 性機能向上に関するもの

アダルトコンテンツは常識的分かりやすいと思いますが、もし判断が難しい場合は、子供に見せても問題ないか、職場の同僚の前で閲覧しても恥ずかしくないかを基準にしてみてください。

危険または中傷的なコンテンツ

人を傷つけるようなコンテンツです。

  • 自分自身(自殺)、または他者を脅迫、危害を加えることを推奨している
  • 個人や集団に対して、威嚇、攻撃、中傷している
  • 人種差別

危険ドラッグおよび薬物に関連するコンテンツ

人に損害や危害など、何か被害を及ぼすものを宣伝や販売しているコンテンツ。

つまりドラッグや薬物です。

  • 危険ドラッグや薬物の販売や宣伝をしている
  • 危険ドラッグや薬物を使用する為の道具の販売や宣伝をしている
  • 作り方や購入方法、使用方法等を指南している
  • そういったコンテンツへのリンクがある

国や国の地域によっては合法でも、規約違反となります。

薬物依存のリハビリや、ドラッグや薬物の歴史に関することは大丈夫。

アルコールに関連したコンテンツ

アルコール、お酒に関連したコンテンツです。

  • アルコールを販売している
  • アルコールの過剰摂取や一気飲みなどの危険な飲み方を推奨したりなどの、無責任な飲酒方法を紹介している

以下の場合は大丈夫です。

「飲み屋の店舗案内」

「アルコール飲料会社がスポンサーのイベント紹介」

「アルコール関連ブランドの商品宣伝」

「アルコール飲料の生産に関連している商品の販売、情報紹介」

タバコに関連したコンテンツ

  • タバコやタバコに関連する商品の宣伝、販売をしている

※あらゆる種類のタバコがダメです。電子たばこもです。

以下の場合は大丈夫です。

「禁煙情報」

「タバコに関する情報(販売に関連していない)」

ヘルスケアに関連したコンテンツ

ヘルスケアと医薬品の各地の法律や規制を厳守する為に禁止されています。

  • 処方薬の販売をしている(アフィリエイトでの販売も含まれます)
  • オンライン薬局のサイト
  • オンライン薬局やドラッグストアへ誘導するのが主な目的のコンテンツ
  • 未承認や、宣伝が禁止されている医薬品やサプリメントを販売している
  • 医薬品有効成分や危険な成分を含んだハーブ系サプリメントや栄養補助食品の販売をしている
  • 未承認や、宣伝が禁止されている医薬品やサプリメント、規制されている薬物と間違える可能性がある名前の商品を販売している

以下の場合は大丈夫です。

「市販薬の販売」

「処方薬、未承認の医薬品やサプリメントに関する情報のページ」

ハッキング、クラッキングに関連したコンテンツ

ソフトウェア、サーバー、ウェブサイトなどの改ざんや不正アクセスの方法を紹介しているコンテンツです。

  • 携帯電話や通信機器への不正アクセスができる商品や、方法の紹介をしている
  • 著作権のためのガードを外す商品や、方法の紹介をしている
  • 無料で受信をすることを目的にした、ケーブル信号、衛星信号を違法にスクランブル解除する商品
  • ダウンロードが禁止されている動画の、ダウンロードを補助したり可能にしたりしている

以下の場合は大丈夫です。

「携帯電話のロック解除、ジェイルブレイクの情報の紹介。」

「DVD・CD・ゲームなどのリッピング、MP3のダウンロードに関する情報(著作権に違反していない範囲で)」

「無料衛星チャンネルの情報に関して」

報酬プログラムを提供するページ

ユーザーに対して、報酬を約束するページです。

  • クリック後に表示される、報酬が確定ページ
  • 閲覧後に表示される、報酬が確定ページ
  • 自動閲覧ページ
  • 「検索による募金活動」を謳うページ
  • 検索での報酬確定ページ

以下の場合は大丈夫です。

「報酬型アンケートページ」

「キャッシュバックページ」

不適切な表示に関連したコンテンツ

ユーザーを騙すようなコンテンツです。

  • 嘘をついてコンテンツ利用を働きかけるページ
  • ユーザーの情報を盗み取る(フィッシング)ページ
  • 嘘や不正、誇大表現で商品やサービスの宣伝をするページ(一攫千金の情報など)
  • グーグルサービスを装ったコンテンツ
  • 別の組織や個人と連携や承認を受けている嘘をついてる

暴力的なコンテンツ

虐殺や格闘シーン、事故など残酷な映像や画像が張られたコンテンツです。

  • 骨折をおこす行為を含んだ場面
  • 電車、車などにひかれる場面
  • 重傷を負う場面
  • 格闘動画が主なページ
  • 残酷な動画や画像を含むページ

以下の場合は大丈夫です。

「ボクシングや武術に関するページ」

武器および兵器に関連したコンテンツ

武器や兵器、またそれに関連する商品の販売や、販売促進、推奨しているコンテンツです。

  • 銃器の販売ページに誘導するページ
  • 武器、兵器、暴力目的のナイフ等を販売するページ
  • 爆弾などの爆発物の作り方の紹介ページ
  • 他人に危害を加えたり、殺害の方法の紹介ページ
  • 花火や発火装置の販売ページ

以下の場合は大丈夫です。

「スポーツ狩猟のページ」

「骨董銃、無可動のレプリカ銃、緊急照明弾、ペイント銃、スコープ、ホルスターなど殺傷能力がないもの」

「アーチェリーやボウハンティングに関するページ」

「収集用ナイフ、短剣、刀、刃物類、包丁、関連スポーツ用品を販売するページ」

不正行為を助長するコンテンツ

ユーザーの不正行為を助長するコンテンツです。

  • パスポートや証明書、認定書等の偽造方法の紹介ページ
  • 学期末レポートの販売や偽造文章の作成、身代わり受験を請け負うページ
  • 薬物検査をすり抜ける情報や商品の販売
  • 不正行為の助長をするコンテンツ

違法なコンテンツ

そのサイト自体が違法、違法行為を助長している、他人の法的権利を侵害するコンテンツです。

  • 偽造品の販売、宣伝をしている
  • 未成年、強制的、違法な性行為の情報(画像や動画やイラスト等も含む)

どんな形にしろ(合成でもなんでも)、そういった児童性的虐待に関連づくようなものはダメです。

最後に

今回解説した規約違反の例は、一例に過ぎません。

アドセンスのヘルプに記載されてること以外でも規約違反とみなされればアカウント停止などペナルティーを受けることになります。

ですので、自分での判断が大事で、違反かどうか気になる表現や、画像だったりを使う場合は慎重に判断してください。

表現をもっとソフトな感じに変えたり、画像や動画であれば使用しないのがベターでしょう。

常識的なものもあれば、薬品やアルコールに関するダメだったの!?といったものもあるので、せっかく貯まった報酬が0になってしまわないように、基本的な違反は押さえておきたいですね。

-グーグルアドセンス