未分類

グーグルサーチコンソールの登録

2017/02/01

search

グーグルサーチコンソールを導入することによって次のことが出来るようになります。

  • XMLサイトマップをグーグルデータベースに登録
  • 記事のインデックスを早める
  • 検索されているキーワードが調べられる
  • その検索キーワードの掲載順位が分かる
  • 手動ペナルティがわかる

グーグルサーチコンソールにブログを登録

まずGoogleウェブマスターにアクセスして「Search Console」をクリックし、グーグルアカウントでログインしてください。

ウェブマスター

 

次にプロパティを追加というボタンがあると思います。あなたのブログのURLを記入してクリックして下さい。

プロパティ追加

 

 

次の画面、所有権の確認です。

「別の方法」を開き「HTMLタグ」を選んでください。

次のような画面が出ると思います。赤枠のタグ全文をコピーして下さい。

scメタタグ

 

今のサーチコンソールの画面は閉じないで、ワードプレスにログインします。

ダッシュボードの外観→テーマ編集と進みます。

画面右にある、ヘッダー(header.phpをクリック

テーマヘッダー

 

赤で囲った</head>の上、赤線を引いた場所に、先程コピーしたタグを張り付けて下さい。

ヘッダーメタタグ挿入場所

 

張り付けましたら、サーチコンソールの画面に戻り、「確認」ボタンをクリックして下さい。

確認

 

所有権が確認できたらOKです。

所有権確認

 

 

ここまで出来たら、XMLサイトマップを登録しましょう。

登録方法はこちら
XMLサイトマップ作成 プラグイン「google xml sitemaps」の導入と設定方法

インデックスを早める Fetch as Googleの使い方

「Fetch as Google」とは、新しい記事を書いた時や、記事を更新した時に早くインデックスさせるためのツールです。

これを使うことによって、Googleに記事のクローリングをお願いすることができ、インデックスが早まります。

 

サーチコンソールの左にある再度メニュからクロール→Fetch as Googleと進んでください。

scサイドメニュー

 

クローリングを申請したい記事のURL記入し、「取得」をクリック。

fetchasGoogle

 

「インデックス登録をリクエスト」をクリック。

インデックス登録リクエスト

 

「私はロボットではありません」にチェック。※ちょっとした判定テストをさせられる時もあります。
記事のみでよければ「このURLのみをクロールする」に、記事にリンクされているものもであれば「このURLと直接リンクをクロールする」にチェックを入れて「送信」をクリック。

fetchasGoogle 送信

 

送信が完了しますと、以下の画像のように、「インデックス登録をリクエスト済み」となります。

リクエスト完了

 

検索キーワードと掲載順位の調べ方

サーチコンソールで自分のブログが、どういったキーワードで検索されて表示されたか、そして何位で掲載されたのか等を知ることが出来ます。

サイドメニューの検索トラフィック→検索アナリティクスと進んでください。

「クリック数」「表示回数」「CTR」「掲載順位」と4つの項目があります。チェックを入れればそれの数値が表示されます。
そして、それら項目のすぐ下の「クエリ」をクリックして下さい。クエリが検索されたキーワードです。

検索アナリティクス

 

 

検索されたキーワードと、その掲載順位などがズラッと確認が出来ます。

検索クエリ

 

クリック数:検索結果に表示され、クリックされた数。

表示回数:検索結果に表示された数。

CTR:クリック率。

掲載順位:そのキーワードで検索された時の検索結果に表示された順位。

手動ペナルティの確認をする

グーグルから手動ペナルティを受けると、掲載順位が一気に下げられてしまいます。

何故ペナルティを受けたか、その原因を取り除かないと、順位が戻りません。

その原因を知るには、検索トラフィック→手動による対策へと進んでください。

そのページに原因が書かれていますので、対策をして、再審査リクエストをしましょう。

-未分類