プラグイン

「AddQuicktag」の設定方法と使い方、記事作成時間を短縮しよう

AddQuicktag

毎回使う様な決まった長文、これをその都度キーボードでカタカタ打っていたら時間がかかります。

例えばその文を打つのに10分かかるとします。しかし「AddQuicktag」を導入すればボタンを1クリックするだけでOKになります。

10分の短縮です。

それから「AdSense Manager」で短縮させたアドセンスコードも簡単にボタン一つで挿入することができるので、これもまた時間短縮ができて、非常に便利です。

「AdSense Manager」の設定方法

よく使うHTMLタグなども同様です。例えば画像に外枠を付けたいときなど、一発で出来てしまいます。

「AddQuicktag」の設定方法

インストールして「有効化」にして下さい。

ダッシュボードの設定→AddQuicktagへと進んでください。

 

以下の画像、赤枠の部分だけ設定すればOKです。

クイックタグの追加と削除

「AdSense Manager」で短縮したアドセンスコードを例に説明します。

中央にアドセンス広告を表示する方法

投稿→新規追加へと進み、ビジュアルモードで「AdSense Manager」で短縮したアドセンスコードを入力します。※下の画像では[ad#test]としてます。

中央揃えのボタンをクリックし、「テキスト」をクリック。

アドセンス広告張り方

 

すると以下の画像になりますので、「スポンサーリンク<br/>」を「 ‥‥center;">」の後に付け加えて下さい。

アドセンスコード、テキスト表示

<p style="text-align: center;">[ad#test]</p>

<p style="text-align: center;">スポンサーリンク<br/>[ad#test]</p>

 

付け加えたそのタグ(例:<p style="text-align: center;">スポンサーリンク<br/>[ad#test]</p>)をコピーして下さい。

 

設定→AddQuicktagへと進んでください。

AddQuicktag.設定

ボタン名:任意の名前

開始タグ*:先程コピーしたコードを張り付ける

そして右にあるチェックボックス全てにチェックを入れて下さい。

「変更を保存」をクリック。

 

投稿の新規追加を開いて確認してみましょう。

「Quicktags」というボタンがありますので、クリックしてみて下さい。

「ボタン名」でつけた名前があると思います。それをクリックすると、画像の赤丸のように、「スポンサーリンク」と短縮したアドセンスコードが中央へ表示されます。

記事作成画面

 

プレビューで広告が表示されてるか確認してみてください。広告がちゃんと表示されていればこれで完了です。

プレビュー

 

因みに、テキストモード場合ですと以下のようにボタンが表示されます。

テキストモードのタグ

 

今回は短縮したアドセンスコードを例に説明しましたが、タグコードだけでなく、ただの文字列なども登録出来ますので、是非活用して、記事作成の時間短縮に役立てて下さい。

-プラグイン