プラグイン

「Table of Contents Plus」設定、使い方 ブログ記事の目次の作り方

TOC+

ブログを見ていると、その記事の目次をよく見かけますよね。

目次

上の画像のような目次をワードプレスでは、「Table of Contents Plus」というプラグインを導入することで、簡単に作ることが出来ます。

目次を表示させておくことにより、ユーザーは、その記事がどの様な内容なのかを一目で知ることが出来ます。

知りたい情報の見出しにすぐ飛ぶこともでき、ユーザビリティを考えると是非導入しときたいプラグインですね。

ユーザーにとって使いやすいブログにすることがSEOの基本の一つでもあります。

「Table of Contents Plus」の設定方法

まずは、「Table of Contents Plus」をインストールし、有効化しましょう。

インストール方法はこちらを参考にして下さい。

インストールすべき、おすすめのワードプレスプラグインの使い方

 

ダッシュボードの「設定」「TOC+」へと進んでください。

プラグイン TOC+

 

基本設定の画面が開きます。順に設定していきましょう。

TOC+基本設定

 

「位置」:目次を表示させる場所です。任意の位置を選んでください。

  • 「最初の見出しの前」/この記事の目次の位置がそうです。
  • 「最初の見出しの後」/最初の見出しの下に表示されます。
  • 「上」/記事タイトルの下に表示されます。
  • 「下」/記事の一番下に「表示されます。

 

「表示条件」:その記事に見出しがいくつあるかで、目次の表示条件を選択できます。

例えば2であれば、見出しを2つ以上使っていれば、自動で目次が生成され、表示されます。

 

「以下のコンテンツタイプを自動挿入」postpegeにチェックを入れて下さい。これで固定ページと普段投稿している記事に目次が挿入されます。

TOC+基本設定 以下のコンテンツタイプを自動挿入

 

「見出しテキスト」:目次にタイトルを付けるかや、目次の表示、非表示の設定です。任意で設定してください。

TOC+基本設定 見出しテキスト

目次にタイトルを付けるなら「目次の上にタイトルを表示」にチェックを入れて下さい。そしてタイトル名を入力します。例:「目次」「コンテンツ」等

ユーザーが目次を表示させたり非表示させたり出来るようにするなら「ユーザーによる目次の表示・非表示を切り替えを許可」にチェックを入れて下さい。そして表示と非表示のボタン名を入力してください。例:「表示」「非表示」

最初から目次を表示させておくならチェックは入れない、非表示ならチェックを入れてください。「ユーザーによる目次の表示・非表示を切り替えを許可」にチェックを入れた場合の設定です。

 

階層表示や番号振りの設定です。

TOC+基本設定 階層表示、番号振り、スムーズ・スクロール

「階層表示」:赤線を引いてある「1.1差別化できる記事ネタ」「2.1スタート後に検索されるキーワード」等が階層になります。

下の画像の例ですと、「アクセスが集まる記事ネタ」はh3で書いた見出しで、「1.1差別化できる記事ネタ」はh4で書いた見出しです。

※ちょっとうまく説明が出来なくて申し訳ないです、実際にチェックを入れた場合と入れなかった場合を見くらべれば、すぐにわかると思います。

目次

「番号振り」:目次に表示された見出しに、番号を振るかどうかです。

「スムーズ・スクロール効果を有効化」:チェックを入れれば、目次の見出しをクリックした時に、その見出しまで高速でスクロールします。チェックが無しなら、一気にその見出しまで飛びます。

 

外観の設定です。

TOC+基本設定 外観

「横幅」「文字サイズ」:基本このまま(デフォルト)でいいと思いますが、あなたのブログデザインなどに合わせて設定してみてください。

「回り込み」:デフォルトがおすすめ。右、左と選べますが、字が目次の横に回り込みますので、思う様な見た目にするにはちょっと手間です。

それから、中央に表示する設定はありません。中央に表示させる時は、CSS(スタイルシート)をいじる必要があります。

「文字サイズ」:任意の設定をして下さい。因みにこの記事の目次は95%です。

「プレゼンテーション」:こちらもお好きなデザインでいいですが、あなたのブログに表示した時に、ユーザーが見やすいデザインを選ぶといいです。

 

次に、上級者向けを表示させてみてください。何も構わなくて大丈夫ですが、見出しレベルだけ、説明します。

TOC+基本設定 上級者設定 見出しレベル

「Table of Contents Plus」は、記事内の見出しを元に自動で目次を生成します。

ですので、ここでは、どの見出しを表示させるかを設定できます。

記事タイトルはh1ですが、目次には表示されません。

あなたのブログ記事の書き方に合わせてチェックを入れて下さい。

因みに僕の場合は、見出しはh3とh4くらいしか使ってないので、その二つにチェックが入っていればOKです。それにh5やh6を使ったとしても目次に入れるほどの見出しにはならないので外してます。

 

ここまで設定が出来ましたら、最後に「設定を更新」をクリックして完了です。

最後に

実際にどこまでSEOに効果があるのかは定かではありません。

でもユーザーに価値を与えることが出来る、ユーザーの為を思ってブログを作ることがSEOの本質だと僕は考えていますので、ユーザーにとって便利になるのであれば目次は入れておきたいです。

だからと言ってあれもこれもプラグインを入れるのは、ブログが重たくなってしまうので、逆にユーザーにとって悪くなってしまいますので、注意ですね。

-プラグイン