プラグイン

「WordPress Ping Optimizer」設定と使い方、サーバーへPing送信する

WordPress Ping Optimizer

Ping送信とは、新しく記事を投稿したことを各サーバーへ知らせるということです。

グーグルのクローラーはそのサーバーも巡回しています。

ですので自分の新規記事がPing送信されていることにより、クローラーに見つけてもらいやすくなります。

そしてインデックススピードがあがり、検索結果に表示されやすくなり、アクセスアップにもなる繋がってくるというわけです。

それから、ワードプレスにはPing送信機能があるのですが、記事の修正、更新をするたびに送信してしまいます、何度も送信しているとスパム判定をうけてしまいます。

「WordPress Ping Optimizer」を導入しておけば、新規投稿をした時だけPing送信されるようになるので、スパム判定を回避できます。

「WordPress Ping Optimizer」の設定

まず「WordPress Ping Optimizer」をインストールする前にワードプレスにPing送信先を設定しましょう。

 

Ping送信先設定

ダッシュボードの設定→投稿設定へと進んでください。下の方にある更新情報サービスの枠の中にPing送信先を入れます。 Ping送信先は「Ping送信先 最新」で検索して、コピペして下さい。

Ping送信先

 

コピペしましたら「変更を保存」をクリック。

次に「WordPress Ping Optimizer」をインストールしていきます。

 

「WordPress Ping Optimizer」の設定

まずインストールして「有効化」して下さい。

 

ダッシュボードの設定→WordPress Ping Optimizerへと進んでください。

赤枠の部分に先程コピペしたPing送信先と同じものを張り付けて下さい。もし既に同じものが入っていれば、それでいいです。

Ping送信先

「Enable pinging」にチェックを入れて「Save Settings」をクリック。

これで設定完了です。

Ping送信の確認

設定して直ぐは記録がまだないですが、ブログを運営していけばPing送信の記録が確認できます。

ダッシュボードの設定→WordPress Ping Optimizerへと進んでください。

pinging log

青の三角はPing送信を行わなかったという記録です。

緑の三角はPing送信を行ったという記録になります。

 

緑の三角をクリックして下さい。

すると下の画像のようなのが表示されます。赤字が送信できなかったURLです。

一時的な場合もありますので、しばらく様子を見て、何度も赤字になるようでしたら、送信先リストから削除しましょう。

ping送信成功と失敗

 

送信できないURLは残しておかない方がいいので、たまには確認して、そのような送信先は削除するようにしましょう。

-プラグイン