プラグイン

「Yet Another Related Posts Plugin(YARPP)」の使い方、関連記事を表示させPV数UP

yarpp

ブログを見ていると、その記事に関連する他の記事が記事下だったり、サイドバーだったりに見かけますよね。

それを簡単に表示するプラグインが「Yet Another Related Posts Plugin」略して「YARPP」です。

これを導入するこで、関連記事が表示されるので、ユーザーは更に次の記事へと見てくれるようになり、PV数が増え、ブログへの滞在時間も伸びてきます。

PV数や滞在時間が伸びることはGoogle検索エンジンからの評価もあがるので、このプラグインを入れることはSEO対策にもなるのです。

「Yet Another Related Posts Plugin」の設定方法

まずはインストールして「有効化」して下さい。

ダッシュボードの設定→YARPPへと進んでください。

すると設定画面が開きますので、各設定を行っていきます。

 

フィルター設定:表示させたくないカテゴリーやタグなどにチェックを入れて下さい。

12ヶ月となっているとこは、どれだけさかのぼって表示させるかの設定です。チェックを入れなければ、全期間となります。

yarpp フィルター設定

 

関連スコア設定表示する最低関連スコアは数字が大きいほど関連性が強い記事が表示されます。通常であれば「1」で大丈夫です。

タイトル、内容、カテゴリー、タグはどこの関連性を重視するかの設定です。ですがタイトルと内容は選択できないようになっています。

これを選択できるようにするにはちょっとややこしいですし、このままで問題ないでしょう。

他も自分のブログに合わせた、任意の設定で大丈夫です。

yarpp 関連スコア設定

 

表示設定ウェブサイト用:赤枠のとこを設定していきます。

関連表示させたい記事にチェックを入れます。とりあえずは投稿にチェックを入れて、固定ページも含めたければチェックを入れて下さい。

一度に表示する関連記事数は表示させたい数だけ数字を入れて下さい。

リストとサムネイルは表示の方法です。リスト状に表示するか、サムネイル画像も一緒に表示させるか選んでください。サムネイルを選んだ場合は、各記事にアイキャッチ画像が設定してあることが必要です。

yarpp 表示設定ウェブサイト用

リストを選んだ場合は「抜粋を表示」にチェックを入れて下さい。

すると次の画像が現れます。赤枠の部分に数字を入れて下さい。これはタイトルと一緒に抜粋表示される記事の本文の長さです。

yarpp 抜粋設定

 

表示順番は基本は「関連スコアの高い順」でいいでしょう。

 

あと残りのチェックボックスは空欄でいいです。「変更を保存」をクリック。

yarpp設定

以上で設定完了です。

-プラグイン