SEO対策

SEO対策とは 初心者でもできる、基本の方法。全てはユーザー目線

2017/05/02

SEOとは?と書かれた検索窓を持っているサラリーマン

SEOやSEO対策って、ブログやネットビジネスに興味を持ち始めると、よく耳にするようになると思います。

でもただ漠然と、検索されて僕たちのブログにアクセスをしてもらう為のこととしか分からないですよね。

僕も最初は、「SEO対策って何をすればいいのか」「そもそもSEOとは何なのか」という感じでした。

アルファベットで横文字で書かれると、専門的に聞こえて構えちゃうけど、基本を知れば大丈夫、当たり前というか、なるほどといった感じですから。

SEOとは グーグルから良い評価を受けること

SEOとは、「Search Engine Optimization」の頭文字をとった略語で、「検索エンジン最適化」という意味です。

つまりグーグル検索エンジンからよい評価をしてもらい、ユーザーの検索結果で上位掲載(1ページ目/1位~10位)に表示されるようにすることです。

 

Yahoo!やbingなど、他にも検索エンジンがある中、何故グーグルなのか。

現在日本での検索エンジンシェア率の90%以上がグーグルとYahoo!が占めています。そしてYahoo!は、グーグルのアルゴリズム(検索順位を決める為の査定基準)を使用しています。

ですので、グーグルの検索エンジンに対してSEO対策すれば、90%以上に対応できるということなんです。

では、グーグルから良い評価をしてもらう為には何が必要か。

それを知るにはまず、グーグルが僕たちに求めるものを、グーグルが目指しているものを理解することが必要です。

初心者でもできる基本のSEO対策方法

Googleの目標は質の高い検索結果をユーザーに提供することです。

引用:Google ウェブマスター向けガイドラインより

グーグルが発信している「ウェブマスター向けガイドライン」 これを理解することで、僕たちが何をすべきなのかがわかってきます。

グーグルは検索ユーザーに対して、悩みや疑問を、より解決することができる、質の高いサイトを提供する(検索結果に表示させる)ことを第一に挙げています。

それを僕たちが手助けすることにより、上位表示してもらうことが出来ます。

その手助けとは何をすればいいのかが「ウェブマスター向けガイドライン」に載っています。

ただこれには、専門的な言葉で書かれており、初心者には読んでも中々理解することが難しいです。そして知識のない初心者が実践するには難しいこともあります。

なので初心者でも理解できるように、初心者でも実践することが出来るSEO対策を、ウェブマスター向けガイドラインに沿って解説していきます。

Googleがページを検出できるように手助けする

グーグルが僕たちのブログを見つけてもらいやすくします。

ブログの中にある全てのページを、別のページとリンク付けする

サイト上のすべてのページが、検出可能な別のページからのリンクでアクセスできることを確認します。

これは、僕たちのブログの中にある、全てのページ(記事や固定ページなど)が、リンク付けされている状態にしておくということです。

そしてテキストリンクならば、リンク先ページと関連した言葉で、画像でのリンクならばalt属性を明記するということです。

alt属性については、こちらを参考にしてください。→alt属性とは、SEOに効果はあるのか。その書き方は 

これについては、次の項目で一緒に対策できます。

 

2つのサイトマップを作り、設定します。

サイト上の重要なページへのリンクを含んだサイトマップファイルを用意します。 ・・・ 人が読める形式で記載したページ(「サイトインデックス」や「サイトマップページ」とも呼ばれています)も用意します。

ここで言われているサイトマップとは、

グーグルのクローラーの為のXMLサイトマップと、ユーザーの為のHTMLサイトマップのことを指しています。

 

XMLサイトマップ

XMLサイトマップを用意することで、グーグルのクローラーが僕たちのブログのページを見つけやすくなります。

こちらを参考に設定してください。→XMLサイトマップ作成 プラグイン「google xml sitemaps」の導入と設定方法

HTMLサイトマップ

HTMLサイトマップは、ブログ・サイト全体の目次のようなもので、僕たちのブログが、ユーザーにとって使いやすくなります。ユーザビリティの向上にもつながります。

それから上で開設した「ブログの中にある全てのページを、別のページとリンク付けする」を、HTMLサイトマップを用意することで対策できます。

こちらを参考に設定してください。→HTMLサイトマップ作成 プラグイン「PS Auto Sitemap」の導入と設定方法

 

1ページから、やたらむやみに他ページへリンク付けしない。

1ページのリンクを妥当な数に抑えます(最大で数千個)

リンクは、その記事に見合った内容のページに、必要最低限で抑えましょう。

最大数千個とありますが、普通のブログであれば、そんなにリンクをはることはないと思います。

Googleがページを理解できるように手助けする

僕たちのブログを見つけてくれたグーグルが、ブログの内容を理解しやすいようにします。

ユーザーにとって、情報が沢山あり、便利なブログを作る。

情報が豊富で便利なサイトを作成し、コンテンツをわかりやすく正確にページに記述します。

ユーザーがブログで、正しい情報を得やすいように、わかりやすく記事を作成しましょう。

ただズラッと文字が並ぶよりも、ユーザーが把握しやすいように見出しをつけます。

見出しにはh1~h6のタグがあります。

h1から順に重要度は下がっていくので、やたらむやみに使用するのではなく、しっかりした記事構成で見出しをつけます。

※h1~h6の全てを使う必要はありません、h1~h3までは、グーグルは特に重要視します。ワードプレスの場合ですと、h1、h2は記事タイトルに使用され、重要な見出しにはh3を使用します。あとは記事の構成によってh4・h5を使っていく感じです。

 

ユーザーがサイトを検索するときに入力する可能性の高いキワードを検討し、そのキーワードを実際にサイトに含めるようにします。

ユーザーは検索する時、検索窓に知りたいことのキーワードを入力します。

その入力するキーワードを使って記事を作成します。

どんなに質のいい記事を書いてもユーザーが検索するキーワードと一致しなければ、検索結果上位に表示されません。

ですので、あなたがターゲットとするユーザーが、どういうキーワードで検索し、あなたのブログへ来るのかを考えて、記事本文に含めて下さい。

 

<title>タグの要素とalt属性の説明を分かりやすく正確なものにします。

上の項目のキーワードと関連するのですが、記事タイトル(<title>タグ)はSEO対策では、特に重要となります。

ですので、ユーザーが検索するメインキワード+一緒に入力される関連キーワードをタイトルに含めます。

そして、長すぎず、日本語としておかしくない、説明的なタイトルになるようにつけて下さい。

 

例えば、「花・長持ち」をメインキーワードとして、花を長持ちする方法の記事を書くとします。

「花・長持ち」の関連キーワードを調べると、

「方法」「水」・・・等の関連キーワードが出てきます。

メインの「花・長持ち」と関連の「方法」「水」を使って、説明的な日本語としておかしくないタイトルをつけます。

 

「花長持ちさせる方法、それはが大切

 

このように、検索時に多くの人が入力するであろうキーワードを使って記事タイトルを付けて下さい。

 

それから、ページ毎のタイトルを固有のものにするとは、「花を長持ち」の例で言いますと、

  • 「花を長持ちさせる方法、その1」
  • 「花を長持ちさせる方法、その2」
  • 「花を長持ちさせる方法、その3」

このようなタイトルの付け方は悪い例です。

 

  • 「花を長持ちさせる方法、その1 水を常に綺麗に」
  • 「花を長持ちさせる方法、その2 花瓶を消毒」
  • 「花を長持ちさせる方法、その3 茎を切り戻す」

このように、補足説明的な文を付け加えるということです。


 

alt属性とは、画像の代替テキストのことなんですが、その画像がどういう画像なのかを説明するものです。

画像が何らかの原因で表示されない時に、画像の替わりに表示されるテキストです。

詳しくはこちら→alt属性とは、SEOに効果はあるのか。その書き方は

訪問者がページを利用しやすいように手助けする

重要な名前、コンテンツ、リンクを表示するときは、画像ではなく、テキストを使用します。
・・・
画像を使用する必要がある場合は、alt属性を使用して簡単な説明をテキストに組み込みます。

これは、記事の重要なキーワード(ユーザーが検索するキーワード)を画像で表示させないで下さい。

画像として表示されたキーワードでは、グーグルのクローラーに重要なキーワードと読み取ってもらえない為です。

どうしても画像を使用する場合は、alt属性に画像の簡単な説明を入れます。alt属性については、先程の、上で紹介した、リンク先の記事を参考にして下さい。

 

すべてのリンクが実際のウェブページにアクセスできることを確認します。有効なHTMLを使用します。

あなたのブログでリンク付してあるURLが、すべて有効であること、つまりリンク切れはグーグルからの評価が落ちてしまいます。

※リンク切れとは、リンクテキストをクリックしても、リンク先のページが閉鎖されてたりして、URLが無効になっている状態。

 

ページの読み込み時間を最適化します。
・・・

ブログ・サイトのページの表示されるのが遅いと、ユーザーはストレスが溜まります。

中々表示されなければ、他のサイトへと行ってしまい、僕たちのブログを見てもらえません。

ですので、表示速度が遅くならないようにしましょう。動画、画像の張り過ぎは注意です。

画像を圧縮し表示速度対策→「EWWW Image Optimizer」設定方法と使い方 画像を圧縮し表示速度アップ

 

パソコン、タブレット、スマートフォンを含む、あらゆる種類やサイズの端末向けにサイトをデザインします。

現代では、スマホからのユーザーがパソコンからよりも多いです。

ですので、スマホからのユーザーを意識したブログを作る必要があります。

ワードプレスにレスポンシブデザイン(スマホ対応)のテーマがあります。

レスポンシブデザインのテーマでブログを作っておけば、スマホから見た時は、スマホ用のページが表示されます。

グーグルが挙げる基本方針

基本方針
  • 検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する。
  • ユーザーをだますようなことをしない。
  • 検索エンジンでの掲載位置を上げるための不正行為をしない。ランクを競っているサイトや Google 社員に対して自分が行った対策を説明するときに、やましい点がないかどうかが判断の目安です。その他にも、ユーザーにとって役立つかどうか、検索エンジンがなくても同じことをするかどうか、などのポイントを確認してみてください。
  • どうすれば自分のウェブサイトが独自性や、価値、魅力のあるサイトといえるようになるかを考えてみる。同分野の他のサイトとの差別化を図ります。

引用:Google ウェブマスター向けガイドラインより

この基本方針に書かれているように、人として当たり前の考え方でブログを作成することで、グーグルから良い評価を受けることができます。

自分の為ではなく、如何にユーザーの為になるかを考えます。

ブログの見やすさ、表示速度、ユーザーの求めている情報、ユーザーを騙さない。

全てユーザー目線です。

そして他のブログやサイトのコピーをしないこと。同じようなブログやサイトばかりではユーザーは満足できません。

より良い情報を求めています。

価値を感じてもらえるブログを作りましょう。

それができれば、検索結果の上位に表示されます。

これが基本のSEO対策「ホワイトハットSEO」です。

最後に

ウェブマスター向けガイドラインには、今回紹介した以外にもまだ書かれています。

しかし初心者では、理解が難しく、専門的な知識が必要だったりします。

まずは今回紹介したことを、今の自分にできることをやっていきましょう。

これだけでも上位表示はできます。

僕も最初は出来る範囲内でのSEO対策をしました。

中々ユーザー目さんにもなれなくて、出来る範囲とは言え、完璧には出来ていなかったです。

それでも上位表示させることはできました。

SEOだって積み重ねです。小さい効果しかないものでも、自分にできることならやるといいですよね。

今できないことは、今はまだできないんです。知識がついたら、また、その時できることをやってみましょう。

是非、今回紹介したSEOを頭に入れて頂き、ブログ運営を挑戦してください。

先ずはブログでアクセスを集めることの知識を得るためにも「特化型トレンドブログ」はオススメです。

一日の時間が限られていても運営可能ですし、結果も出しやすいです。

「特化型トレンドアフィリエイト」とは トレンドアフィリエイトとの違い、初心者におすすめの理由

特化型トレンドアフィリエイト 稼げるブログの作り方

-SEO対策