資産ブログ講座

第4回 資産となる「特化型ブログ」の作り方 運営の下準備

2017/07/09

 

ノートPCとコーヒーと眼鏡とメモ

資産ブログ講座第4回は、ブログを運営していく為に最低限しておきたい下準備です。

  • アナリティクスやサーチコンソールの導入
  • 2種類のサイトマップ作製
  • 入れておきたいプラグイン
  • パーマリンクの設定でSEO対策

以上を行っていきましょう。

 

これまでの講座

第1回 資産となる「特化型ブログ」の作り方 メインキーワード(テーマ)の選定

第2回 資産となる「特化型ブログ」の作り方 ブログの立ち上げ手順

第3回 資産となる「特化型ブログ」の作り方 ワードプレスのテーマをインストール

 

STEP① アナリティクスとサーチコンソールの導入

PCに表示されてるグラフと?マーク

この二つのツールは、グーグルから提供されているツールで、ブログを運営していく上で、なくてはならないツールになります。

 

グーグルアナリティクス

アナリティクスは、ブログのアクセス解析をしてくれるツールで、とても細かく、色んなデータを調べることが出来ます。

例えば、一番気になるであろうPV数、リアルタイムでの訪問者の数、ブログへの滞在時間、離脱ページなどなど。

 

よくPV数の折れ線グラフデータを公開しているのを見かけると思います。

アナリティクス PVグラフ

こういったグラフです。

これがアナリティクスのPV数のグラフですね。

あなたのブログより良くしていくためにデーターを活用していきます。

 

こちらを参考に登録してください。

グーグルアナリティクスの登録と設定方法&オプトアウトアドオンのインストール

 

グーグルサーチコンソール

サーチコンソールは、あなたのブログをグーグル検索エンジンにインデックスしてもらうのに重要なツールです。

 

インデックスとは、グーグルのデータベースにあなたのブログが登録されることで、登録されなければ検索結果に表示されないのでアクセスが集まらないです。

 

サーチコンソールの「Fetch as Google」という機能を使用することで、記事を書いたときに早くインデックスをしてもらうように申請することができます。

フェッチアズグーグル

他にも検索結果のキーワード別のランキングや、どんなキーワードであなたの記事が検索結果に表示されているかなどを知ることが出来ます。

 

こちらを参考に登録してください。

グーグルサーチコンソールの登録

 

STEP② 2つのサイトマップをつくろう

地図を持った旅人

サイトマップには、

  • XMLサイトマップ
  • HTMLサイトマップ

の2つがあり、それぞれ役割があります。

 

XMLサイトマップ

XMLサイトマップは、グーグルが僕たちのブログをクローリングしてもらいやすくするためのサイトマップです。

グーグルのクローラー用のサイトマップってことですね。

 

これを導入し設定することで、グーグルのデータベースにインデックスされ、僕たちのブログの情報を読み取りにクローラーが来てくれるようになります。

 

プラグインでXMLサイトマップをつくり、サーチコンソールで登録します。

こちらの記事を参考に進めてください。

XMLサイトマップ作成 プラグイン「google xml sitemaps」の導入と設定方法

 

HTMLサイトマップ

HTMLサイトマップは、ユーザーの為のサイトマップです。

ブログやサイト全体の目次のようなものです。

当ブログで言えば、これですね→サイトマップ

 

これがあることで、ユーザーにとって僕たちのブログが使いやすくなるので、ユーザビリティがよくなります。

それからグーグルから推奨されているSEOの一つとして、どのページにも一つはリンクが繋がっている状態にしておくことが大事だと言っています。

このHTMLサイトマップを作ることで、それがクリアできます。

 

こちらの記事を参考に進めてください。

HTMLサイトマップ作成 プラグイン「PS Auto Sitemap」の導入と設定方法

 

STEP③ 入れておきたいオススメのプラグイン

プラグ

プラグインとは、ワードプレスの機能を拡張できるアプリのようなもので、無料で色々とブログ運営を便利にしたり、SEO対策をしたりすることが出来ます。

まずはこれさえ入れておけば事欠かないオススメのプラグインがありますので、それを導入してください。

こちらの記事を参考に導入と設定を行ってください。

インストールすべき、おすすめのワードプレスプラグインの使い方

※先ほどの2つのサイトマップを作成するときに導入したプラグインも含まれています。ですので、それは飛ばしてください。

 

ただ、インストールしたテーマによっては必要のないプラグインもあります。

例えば人気記事を表示する「WordPress Popular Posts」は有料のテーマですと、純正で装備されていることが多いかと思います。

ですので、必要なプラグインのみだけで結構ですよ。

 

注意点としましては、プラグインはたくさんの種類がありますが、便利だからと言って何でもかんでも導入するとワードプレスが重たくなってしまいます。

必要最低限にとどめておきましょう。

それからテーマによっては相性の悪いプラグインもありますので、不具合等があれば、検索して調べて対処しましょう。

 

STEP④ パーマリンクの設定

URL

パーマリンクなんて聞きなれない単語ですが、ようは記事のURLの一部分です。

この記事で言えば、

 

「http://modo-di-vivere.net/sisanblogkouza4-uneijyunbi

↑青字の部分「sisanblogkouza4-uneijyunbi」がパーマリンクになります。

 

その部分を自分で編集できる設定にしておき、記事作成をしたら、その記事に沿った文に書き換えます。

これはなぜかというと、URLを見ただけでどんな記事なのかをイメージできるようにするようにと、グーグルから推奨されているためです。

色んなことがありますが、グーグルが推奨していることは、検索エンジンからの評価を上げ、上位表示させるためのことです。

 

このパーマリンクを自分で編集できるようにする設定は、最初に行ってください。

もしブログ記事がいくつも投稿されてからすると、繋げていたリンクが無効になってしまいます。

 

つまり途中でパーマリンクを変えることは、リンクが貼られているURLが変わるからです。

外部からの被リンクも無効になってしまいます。

ですので、ブログの運営を始める前に行っておきましょう。

 

もう一つ注意しておきたいのは、パーマリンクは「英数字」と「-(ハイフン)」で構成してください。

日本人には日本語の方が理解しやすいのですが、日本語だと、リンクとみなされなかったり、エラーとなったりする可能性があるためです。

 

こちらの記事を参考に設定してください。

ワードプレスのパーマリンク設定、SEO対策をします

 

まとめ

今回行ったのは、独自ドメインにワードプレスをインストールし、デザインであるテーマを入れた次に、ブログを運営するために必要なしておくべきことでした。

 

  • グーグルアナリティクスとサーチコンソールの導入(アクセス解析やインデックスをしてもらうためのツールです。)
  • XMLサイトマップとHTMLサイトマップの作成(XMLがグーグルのクローラー用でHTMLがユーザー用のサイトマップです。)
  • 入れておきたいプラグインの導入(ワードプレスの機能を拡張するアプリのようなもの。入れすぎは注意。)
  • パーマリンクの設定(グーグルが推奨していることで、SEO対策になります。)

今回紹介したプラグインの他にも、お勧めのプラグインはありますので、当ブログ「ユネットル」のプラグインのカテゴリーで見てみてくださいね。

 

第5回は、ブログのレイアウトについてです。

ヘッダーや、サイドバー、グローバルメニューなどを設定していきましょう。

第5回 資産となる「特化型ブログ」の作り方 ブログのレイアウトを整えよう

-資産ブログ講座