ビジネスの鉄則

ユーザー視点とは、主語はお客様

ブリキのウェルカムボード

ネットビジネスで思うような結果が出ない原因は、いくつかあります。

その大きな原因の一つが、オフラインビジネスでもネットビジネスでも言えることですが、間違ったやり方をしていることです。

やり方が間違っていたら、いくら取り組んでも、いくら努力をしても結果は出ません。

今回はネットビジネスを運営していく上での、正しい考え方をお伝えします。

ユーザー(お客様)中心がビジネスの基本

ビジネスで利益が出るのは、お客様がいるからこそです。

お客様からしか利益は発生しません。

ですので、ネットビジネスで最も重要視しなくてはいけない部分、それは、

「集客(お客様づくり)」

となります。

では、ユーザーが僕たちのブログにおとずれてくれれば、僕たちから商品を購入してくれるかと言ったら、そうではありません。

商品を買うかどうか、どこで買うか、誰から買うかの決定権は100%ユーザーが持っています。

これは、ビジネスの上で揺ぎ無いものです。

ですので、僕たちがしなくてはいけないのは、

「ユーザーに好かれる」「気に入られる」「喜ばれる」「忘れられない」

以上のようなブログを作ることです。

SEO対策とは 初心者でもできる、基本の方法。全てはユーザー目線

そういったブログを作ることにより、グーグルからの評価が上がり、検索結果の上位に表示され、ユーザーが増えます。

ユーザーが増え、ブログのファンになってもらえれば、PV数やブログ滞在時間等の、グーグルから評価される数値が上がります。

するとまた検索結果の順位が良くなる好循環が出来上がります。

検索上位表示のサイクル

競合ブログ以上のものを提供する

ユーザーに好かれ、ファンになって欲しいのは、僕たちだけではありません。

競合するライバルブログたちも同じように考えブログを作ってきます。

ですので、

  • 競合ブログ以上に便利なブログにする
  • 競合ブログ以上に親切なブログにする
  • 競合ブログ以上にプラスアルファなサービス
  • 競合ブログ以上にコミュニケーションを継続する

こういった考えでブログを作っていく必要があります。

競合ブログ以上に、与えることに徹したブログを作ることで、ユーザがファンになってくれ、僕たちから商品を購入してくれます。

そして、その後も継続して購入してくれる、リピーターとなってくれます。

与えることに徹する これが出来るとビジネスはうまく行く

他にも、便利で有益なブログを作ることで、他ブログから紹介(被リンク)をしてもらえるというメリットもあります。

※被リンクはSEO効果にとても有効です。

主語はお客様(ユーザー)

「商品が売れない」「ブログにアクセスが少ない」というのは、自分視点の考え方になります。

ユーザー視点の考え方をすることで、ユーザー中心のブログ運営になります。

先程お伝えしたように、全ての決定権はユーザーにあります。

商品を買うかどうか、どこで買うか、誰から買うかの決定権は100%ユーザーが持っています。

ユーザー視点で考えると、主語がユーザーになり、以下のような考え方となります。

  • ユーザーが僕たちのブログを選んでくれたからアクセスが伸びた。そして僕たちの商品を購入してくれたから売り上げが出た。
  • ユーザーが他のブログを選んだからアクセスが少ない、そして他のブログから商品を購入したから売り上げが落ちる。

ユーザーは、どのブログが自分にとって有益化で為になる情報なのか選んでいます。

そして選ばれたブログから商品を購入します。

ですので、ユーザー視点でブログ運営をしていくことが、結果に繋がっていきます。

  • なぜ僕たちのブログを選んでくれたのか
  • どのような理由で選んでくれたのか
  • 競合ブログとの違いは何か
  • ユーザーは何を求めて、商品を購入してくれたのか

このようなユーザー視点で考えると、より良いブログ運営の方法が見えてきます。

最後に

グーグルが掲げることも、如何にユーザーに便利なブログを検索結果に表示させれるかです。

つまり、僕たちがすることと、グーグルが求めることは同じなんです。

SEO対策とありますが、基本はユーザーの視点になってブログを作ることだと僕は考えています。

ユーザーの為になるブログを作れば、グーグルが僕たちとユーザーを繋げてくれます。

これがブログを使ったネットビジネスの集客なのです。

-ビジネスの鉄則