プラグイン ワードプレス

HTMLサイトマップ作成 プラグイン「PS Auto Sitemap」の導入と設定方法

2017/02/02

サイトマップ

ワードプレスのプラグイン「PS Auto Sitemap」の導入、設定方法です。

このプラグインを導入することにより、HTMLサイトマップを作成することができて、新しく書いた記事が自動でサイトマップに追加されるようになります。

PS Auto Sitemapの導入、設定方法

まずは「PS Auto Sitemap」をインストールします。

そして各設定をしていきます。

プラグイン「PS Auto Sitemap」インストール方法

ワードプレスのダッシュボードから、プラグイン→新規追加と進んでください。

赤枠の部分に「PS Auto Sitemap」と入力します。

プラグイン新規追加

 

「今すぐインストール」をクリック

psautositemap

 

そして「有効化」をクリックすれば完了です。

サイトマップを表示させるための、固定ページの作成と設定

ダッシュボードから設定→PS Auto Sitemapと進んでください。

画面一番下にあるコード「<!-- SITEMAP CONTENT REPLACE POINT -->」をサイトマップを表示する固定ページに張り付けなくてはいけません。

サイトマップコード

画像の赤枠のコードをコピーしてください。

次に固定ページ→新規作成と進んでください。

 

 

固定ページ編集画面になりますので、下の画像赤枠にあるテキストをクリックしてテキストエディターにします。

テキストエディター

 

先程コピーしたコードを張り付けてください。

サイトマップコード貼り付け

 

貼り付けたら、画面右の方にあるプレビューボタンをクリックして、プレビュー画面にして下さい。

そしてその画面のURLを確認します。

サイトマップURL

赤枠で囲った部分の数字を覚えておいて下さい。

これの場合でしたら「12」です。

 

編集画面に戻りパーマリンクを変更します。

パーマリンク

「編集」のボタンをクリックして、赤線の部分を編集してください。画像のように「sitemap」でいいと思います。

そしてこの固定ページを公開にして下さい。

PS Auto Sitemapの設定

設定→PS Auto Sitemapと進んでください

IDサイトマップ記事

赤枠の部分に先程覚えた数字を入れます。

そして下の方にある「変更を保存」をクリックすれば完了です。

他 各項目の設定

ホームページの出力:☑

投稿リストの出力:☑

固定ページリストの出力:☑

出力階層制限:制限なし

先に出力するリスト:投稿

カテゴリーと投稿の表示:同一マップ内

除外カテゴリ:サイトマップに表示させたくないカテゴリがあれば、そのカテゴリIDを記入。

※カテゴリIDの調べ方
投稿→カテゴリーと進み、対象のカテゴリーをクリックしてください。そしてURLをチェックします。category&tag_ID=に続く数字がIDになります。

除外記事:サイトマップに表示させたくない記事があれば、その記事IDを記入。

※記事IDの調べ方
投稿→投稿一覧と進み、対象の記事をクリックしてください。そしてURLをチェックします。post=に続く数字がIDになります。

スタイルの変更:色々あります、自分のブログに合ったスタイルを選んでください。

キャッシュの使用:☑

 

基本上記の設定で大丈夫です。

もしあなたのブログに合わせた設定があれば変更しても大丈夫ですので、いろいろ試して下さい。

-プラグイン, ワードプレス